あなたの目標を達成するために

熱意を持ってサポートします

永住権

会社設立

スタッフ紹介


クライアント様のご依頼は、全スタッフで最善を尽くしサポート致します

ビザ

E ビザ

E1 貿易駐在員ビザ

E1ビザは、アメリカとの条約を持つ国の国民や市民に発行されます。通常、5年間有効なビザが発行されます。しかし一度の入国での滞在期間は2年に限られています。延長は一度に最大2年間まで許可されることがあります。実際に、貿易駐在員ビザが有効でありステータスを保持している限りは無期限で滞在することができます。貿易駐在員ビザ保持者の配偶者および未婚の未成年の子供は、配偶者ビザを取得し入国が可能です。ただし、労働許可書を取得しない限り、アメリカでの労働は違法となります。

E2 投資駐在員ビザ

E2ビザは、アメリカとの条約を持つ国の国民や市民に発行されます。通常、5年間有効なビザが発行されます。しかし一度の入国での滞在期間は2年に限られています。延長は一度に最大2年間まで許可されることがあります。実際に、投資駐在員ビザが有効でありステータスを保持している限りは無期限で滞在することができます。投資駐在員ビザ保持者の配偶者および未婚の未成年の子供は、配偶者ビザを取得し入国が可能です。ただし、労働許可書を取得しない限り、アメリカでの労働は違法となります。

E3 オーストラリア市民のための就労ビザ

アメリカでの専門職に就くためのオーストラリア市民に与えられるビザ

Eビザ情報詳細

H1B ビザ

特殊技能職

H1Bビザはアメリカの雇用主が請願するものです。最初に発行されるビザの期間は最大3年間までですが、延長を含め最大6年間まで認められます。H1Bビザ保持者は、別の雇用主が新たに請願書を提出しない限り、他の雇用主のもとで働くことはできません。H1Bビザ保持者は他のビザステータスへ変更をすることは可能です。もしH1Bビザスポンサーの雇用主がビザが切れる前にビザ保持者を解雇した場合、雇用主はビザ保持者を母国へ帰国させるための航空券を購入する責任があります。H1Bビザは、アメリカで学士号を必要とするポジションに就く外国人が最もよく利用する就労ビザです。

H1Bビザ情報

L ビザ’

L-1A 企業内転勤者

L-1Aビザは、外国の会社で少なくとも1年間管理職に就いていた役員や管理職に発行されます。新規の会社の場合、ビザは1年間発行されます。一年以上存在している会社の場合は、3年間有効のビザが発行され、最大7年間まで更新が可能です。

L-1B 企業内転勤者

L-1Bビザは、外国の会社で少なくとも一年間就労していた専門知識を持つ従業員に発行されます。ビザは3年間有効で、2年間の更新、最大で5年間の更新が可能です。 .

L-2: Lビザ保持者の配偶者、家族

Lビザ保持者の配偶者および未婚の未成年の子供は、配偶者ビザを取得し入国が可能です。ただし、労働許可書を取得しない限り、アメリカでの労働は違法となります。

Lビザ情報

O-ビザ

O-1 ビザ:

O-1ビザは芸術、スポーツ、科学、教育、事業もしくは映画やテレビ製作事業において卓越した能力を持つ方が、アメリカへ来てイベント等に関わる一時的なサービスを提供するために発行されます。このビザはアメリカでのイベントや活動を完了するまでの期間有効ですが、最大3年間に制限されます

O-2 ビザ:

スポーツ選手やアーティストに不可欠な役割を担うO-1ビザ保持者のアシスタントのためのビザです。O-1ビザと同様の制限が適用されます。

O-3 Visa

O-1ビザとO-2ビザ0保持者の配偶者および未婚の未成年の子供は、配偶者ビザを取得し入国が可能です。

Oビザ情報

グリーンカード(永住権)

グリーンカード保持者(永住者)は、永続的にアメリカに住み仕事をする権限が与えられている方です。そのステータスの証拠とし、永住者には一般的に「グリーンカード」と呼ばれる永住者カードが発行されます。永住者になるにはいくつかの方法があります。ほとんどの方は、アメリカの家族や雇用主がスポンサーとなり請願します。他にも、難民や亡命者のステータス、またはその他の人道的プログラムを通して永住者になる方もいますし、あなた自身で請願できる方法もいくつかあります。

グリーンカード保持者になるには、申請のカテゴリーや、現在あなたがアメリカ国内に住んでいるか国外にいるかにもよって異なります。主なカテゴリーは以下です。

EB5投資家プログラム

投資家の永住権プログラムに参加する資格として、以下の3つの基本的な要件を満たす必要があります:

  1. 新規のビジネスへの投資
  2. 少なくとも100万ドルの投資(特定地域によっては50万ドル)および
  3. アメリカの従業員を最低10人雇用する

投資は、現金(贈与やローンも含む)、設備、在庫、不動産やその他の有形同等物など様々な形態が含まれます。投資金は100万ドルが一般的に最低額とされています。しかし、特定の雇用地域にある事業の場合は、50万ドルの投資額が最低額となります。例として、全国の失業率に比べて少なくとも失業率が150%とされる失業率の高い地域や、都市外に位置する地方での投資があります。

リジョナルセンターは、アメリカでの経済成長を促進するために特定の地域に焦点を当てる組織や機関です。ほとんどのリジョナルセンターは、失業率が低く雇用の発生を必要としている雇用増出地域でのプロジェクトをターゲットとしています。リジョナルセンターはアメリカ市民権移民サービス(CIS)によって指定されています。しかしリジョナルセンターは、投資家の投資額の返金を保証するものではありません。

ビジネス設立

アイナ法律事務所は、あなたのビジネスの設立や管理等のサポートをします。あなたの会社のニーズや事業計画に合った事業形態を見つけることが重要です。

移民法、会社設立無料相談はこちらへ!

Phone: (808) 380-3075
Fax: (808) 734-5854
3615 Harding Ave Ste. 309, Honolulu HI 96816
info@ailovisas.com
Scroll to Top